ダイエットで可愛くなりたければたかがウォーキングとあなどってはいけません

ウォーキングをすると痩せるという方が多いですが、その効果はどんなものなのでしょうか。
全然効果が出ないという方も中にはいて、なかなか実行に移せないという方も多いでしょう。
ここではウォーキングの素晴らしさについて書いてみたいと思います。
ウォーキングが素晴らしいと言っても一体何が?と思われるかもしれませんね。
第一にやはりお金が一切かからないということが挙げられます。
巷にはダイエット食品が溢れかえっている状況ですが、もしこれらを食べたり飲んだりしても効果がないと悲しいですよね。
しかしウォーキングはタダなので、例え失敗したとしても失うものは何もありません。
だからこそ誰にでもいつでも始めることができる最もハードルの低いダイエット法と言えるのではないでしょうか。
ウォーキングをするのに、まずは目標とする時間を決めると良いでしょう。
ただ歩くだけだと時間が勿体無いという方は、別の目的とセットにすると歩いた時間が無駄になりません。
マイカーをお持ちの方はついつい車に頼りがちですが、買い物に行くのにスーパーまでの距離がそこまで遠くないのであれば歩いていきましょう。
荷物が重いかもしれませんが、同時に腕の筋肉も鍛えられますし30~1時間毎日歩けばかなりなものです。
また、駅や病院などに行く際にもエレベーターは極力使わないようにして、階段を使いましょう。
駅までバスやタクシーを使ったり、建物の中に入ってエレベーターを使うのは折角のチャンスを無駄にしているので勿体無い行動なのです。
このように日常のちょっとしたシーンで「歩く」ことを意識することでその日一日のエネルギー消費量が変わってきます。
ここで注意したいのが、疲れたからと言っていつもより沢山食べないようにしたいということです。
せっかくカロリーを消費しても、その分食べてしまうと意味がなくなってしまいますからね。
ウォーキングが効果が出ないと言っている方の多くは、気づかないうちにたくさん食べてしまって、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなってしまっているのではないでしょうか。
また、外で喉が渇くかもしれないので、水を持参するとジュースを自販で買ってしまうというリスクも下げられます。
歩く時の足の動かし方ですが、膝をなるべく高く上げるようにして歩くとよりいっそう効果がありますよ。
そして注意事項として無理をしないということです。
最初からあまりにも長い時間歩いてしまうと筋肉痛になったり、脚をつったりと痛い思いをする羽目になるかもしれません。
ウォーキングのやり始めは30分位を目安にして、だんだん時間を長くしていくと良いでしょう。
嫌な思いをすると何でも長く続かないものなので、少しずつ体を慣らしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です